Eric Amikuraプロフィール

日本全国で活躍する優秀な経営者の理念や技術や、世界中から集めたコミュニケーションスキルを、わかりやすい形で、多くの方に提供しています。社長と社員のコミュ(社員教育)、企業とお客さんのコミュ(マーケティング)、営業とお客さんのコミュ(セールス)は、私自身も毎日実践する研究分野です。

2002年 地域密着工務店、株式会社エルハウス入社
2003年 コンサルティング会社、株式会社インプロビック立ち上げ専務取締役に就任。
2004年 海外トレンド調査隊事務局長として1年間ボストンへ、ビジネス留学。
2005年 テレビショッピングで、健康ビジネス業界に旋風をもたらした、株式会社輝点。代表取締役に就任
2008年 株式会社エル書房、代表取締役に就任。
2011年 株式会社インプロビック、代表取締役に就任。
現在は、3社の代表取締役。

信州大学で社会心理学を専攻。「人間関係の心理学」について研究をする傍ら、スキー(基礎スキー部)にのめりこみ、在学中に878日(在学5年間 汗)という滑走日数を達成。

1996年に大手ハウスメーカー、積水ハウスに入社。入社当初3ヶ月契約ゼロという体験を通し、営業ノウハウを試行錯誤し、1年後、契約高、第一位の“新人王”を獲得。半期最高契約金賞、獲得2回(サラブレット部門)という偉業を、成し遂げるが、その後営業活動に行き詰り、長期にわたりスランプが続く。

1999年に、DRMに出会い、学び実践。入社5年経ち、ようやく少しの自信が芽生える。

2002年に住宅業界の革命児「株式会社エルハウス」の平秀信からスカウトされ転職、DRMを活用したセールス方法を実践する傍ら、メールとFAXだけで住宅を販売するという、業界では非常識なノウハウを確立。日本全国の多くの住宅セールスに、夢と希望を与える。

2003年には海外トレンド調査のため、アメリカのボストンへ1年間ビジネス留学。そこで、ダン・ケネディ、テッド・ニコラスを初めとするアメリカ有数のマーケッターのセミナーに数多く参加。最新ノウハウを独自の視点で日本に情報発信する傍ら、もう一度学生時代に学んだ社会心理学を徹底的に復習した。

帰国後、実践人間関係改善ツールサイグラムの戦略・プロデュース部門を担当、そこでアメリカで得たセールス法、マーケティング力に加え、日本市場にあったコミュニティーを活性化する手法を用い、多くの中小企業の経営者の売上・利益率アップに、貢献する。現在は、サラリーマン経営者の育成に力を入れる一方、自らも長年培ってきた、コミュニケーションノウハウを伝えるために全国を飛び回り、多方面で活躍中。

著書には、以下の二冊がある
社員が勝手に稼いでくれる「仕組み」(平秀信との共著)
売り込まないでお客を引き寄せられる「超」営業法(平秀信との共著)